メディカルルテインなど高機能サプリメントを、安心・安全・高品質をコンセプトに商品を開発
ホーム日本人の平均身長

身長 平均身長―年齢別 身長の平均値

(平成18年度学校保健統計調査)
   平均身長(男性) 平均身長(女性)
17歳170.9cm      158.0cm
16歳170.0cm      157.8cm
15歳168.5cm      157.3cm
14歳165.3cm      156.7cm
13歳159.8cm      155.2cm
12歳152.6cm      152.0cm
11歳145.1cm      147.0cm
10歳138.9cm      140.2cm
9歳133.6cm       133.5cm
8歳128.3cm       127.4cm
7歳122.5cm       121.7cm
6歳116.6cm       115.7cm
5歳110.7cm       109.8cm

(平成17年度学校保健統計調査)
   平均身長(男性) 平均身長(女性)
17歳 170.8cm      158.0cm
16歳 170.0cm      157.8cm
15歳 168.4cm      157.3cm
14歳 165.4cm      156.8cm
13歳 159.9cm      155.2cm
12歳 152.5cm      152.0cm
11歳 145.1cm      146.9cm
10歳 139.0cm      140.1cm
9 歳 133.6cm      133.5cm
8 歳 128.2cm      127.5cm
7 歳 122.5cm      121.7cm
6 歳 116.6cm      115.8cm
5 歳 110.7cm      109.9cm

(平成15年度学校保健統計調査)
   平均身長(男性) 平均身長(女性)
17歳 170.7cm      157.8cm
16歳 170.0cm      157.7cm
15歳 168.6cm      157.2cm
14歳 165.4cm      156.7cm
13歳 160.0cm      155.1cm
12歳 152.6cm      152.1cm
11歳 145.2cm      147.1cm
10歳 139.0cm      140.2cm
9 歳 133.7cm      133.5cm
8 歳 128.2cm      127.4cm
7 歳 122.5cm      121.6cm
6 歳 116.7cm      115.8cm
5 歳 110.8cm      110.0cm

身長 身長はどのように伸びてきたのでしょうか。

まず、身長の平均値について触れておきます。
1945年の20歳の平均身長を見ると、
□ 男性の身長:165センチ
□ 女性の身長:153,2センチ
1995年の平均は
□ 男性の身長:171,1センチ
□ 女性の身長:158,4センチ
50年という時間の単位で区切って平均身長を比べてみると、男女とも5センチ以上の身長の伸びを示している ことがわかります。
別のデータから男子17歳の身長の平均を見ると、
□ 1948年の身長158.2センチ→1993年の身長170.7センチ
45年間で12,5センチと、身長は驚異的に伸びています。
しかし、遺伝子に限っていえば、このわずか 50年くらいの時間では変化は不可能ですから、日本人の遺伝子が身長の伸びの原因とは考えられません。
遺伝子の変化でないとするとこの身長の大幅な伸びは何を意味するのでしょうか。
劇的に身長が伸びた主な原因は、日本人の生活の環境や食習慣が大きく変わったからであると見るべきでしょう。

身長 100年単位で見る平均身長の推移

ヨーロッパでの平均身長はどうでしょうか。
■ オランダの平均身長
1865年男子165.0(19歳)→1975年180.1(18歳)
■ スウェーデンの平均身長
1840年165.0(21歳)→1974年178.4(17歳)
と、非常に顕著な身長の伸びを示しています。
これらの国は西暦2004年現在も 平均身長を伸ばし続けています。
それにひきかえ、日本では平成に入ってから殆ど 平均身長の伸びが止まっているのが現状なのです。
18世紀後半のヨーロッパでは、男性は160cm代の平均身長ですし、19世紀前半のアメリカでは、 急速な人口増や都市化に伴うストレスなどが影響して平均身長は低下しています。 このように生活環境が身長に与える影響は少なくないことを人類の歴史は如実に物語っています。

身長身長に及ぼす遺伝子の影響力

子供が両親からもらった遺伝子が「170センチくらいの身長になりやすい」遺伝子だったと しても、生活の環境や習慣によっては、身長は165センチに なったり、175センチに なったりする可能性はあるはずです。
一卵性双生児の身長がほぼ同じと言うのは、 遺伝子が同じという要因のほかに、生活環境も同じと言うことが大きなポイントだと考えられます。
現在では遺伝子が身長に与える影響は25%位だと考えられています。

身長 では身長が伸びる仕組みはどうなっているのでしょうか。

ギネス・ブックによると、過去もっとも身長の高かった人は、1918 年生まれの米国人 男性で、その身長は272cmだったそうです。
日本人の平均身長 と約1メートルも違います。
272cmの身長というのは、原因は おそらく成長ホルモン の異常分泌による病気だったのではないかと考えられています。

身長のお話←前のページ 次のページ⇒身長と成長ホルモン
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス